タロットで使われる用語

スプレッド

カードの並べ方のこと。さまざまな種類があり、同じ名称のスプレッドでもそれぞれのカードの位置に
さまざまな意味合いを持たせてる場合があり、バリエーションがかなりあるスプレッドもあります。

タロット解説書などでもっともポピュラーな「ケルト十字スプレッド」や「ヘキサグラムスプレッド」は、解説書に
よってカードの位置の「意味、読み方」がかなり違う場合がよくあります。

また、占い師自身が独自に、もとのスプレッドに意味づけをしていたり、自分のオリジナルのスプレッドを作ったり
している場合も多いので、スプレッドの種類はバリエーションも含めると、相当な数になると思われます。

また、カードを並べていくときに、解説書によっては、「上から何枚目をひいて」と指定しているものも
ありますが、これは占い師の「好み、やり方の違い」のようなもので、「決まったやり方、正しい方法」が
あるわけではあいません。→スプレッド

デッキ

タロットカード一組、ワンセットのこと。
タロットカードは通常、「大アルカナ」と呼ばれる22枚のカードと、「小アルカナ」と呼ばれる56枚のカード、計78枚で
一組になっています。
しかし、デッキによっては22枚だけのものや、同じ名称のカードが何枚か含まれているものもあります。
また、それぞれのデッキによってカードの名称が違う場合もあります。

(例)「法皇」→「教皇」「司祭長」、「悪魔」→「物質主義」 、「ワンド」→「バトン」、「ペンタクル」→「コイン」

シャッフル

タロットカードで占う時に、カードを混ぜること。方法は占い師によってかなり違いがあります。
一般的?なのは、大きめテーブルの上などでカードを広げて、グルグルと回転させるように
混ぜ合わせる方法ですが、占い師によってはトランプを切るようにカード一組を手に持って混ぜる方法を
採用している人もいます。

タロットは枚数が多いのと、カード自体が大きい場合もあるので、ある程度の大きさのテーブルなどが
ない場合、この方法を使う人もいるようです。

また、「正式なシャッフルの方法」というのは存在せず、やり方は占い師個人の「好み」です。

リバース (リバースカード)

タロットカードが逆向きに出ることです。
ちなみにケルト十字の十字の横向きのカード(2番目のカード)の場合
左向きが正位置、右向きが逆位置ということで私の場合判断してます。
正位置のカードは「アップライト」ということもあります。

私は基本的に占う時に正逆を使ってカードを読んでいますが、占い師さんによっては
この「逆位置」を使わず、全体のカードを見て、意味を微妙に変化させながら判断する占い師さんも
いるようです。

参考のためにいろいろとタロット関連の本などを調べてみると、「逆位置はあまり重要ではない!」と
書かれていたり、スプレッドの中で逆位置が出てもあまり考慮せずに正位置で判断したり、なかには正位置に
向きを置き換えるような占い師さんも!いるみたいです…。

大アルカナ

78枚のタロットカードから小アルカナ56枚を除いた22枚の絵札のカードのこと。
もともと「アルカナ」とはラテン語の「秘儀」意味。
意味は小アルカナに比べてかなり強く、運命的な作用などを表す場合も多い。

小アルカナ

小アルカナはタロットの大アルカナ22枚を除いた残り56枚のカードをいいます。
それぞれ4つの組(スート)に分けられており、それが西洋占星術などで使われる4要素、属性(エレメント)
(火、水、風、地)に関連付けられています。

★棒(ワンド)→火
★聖杯(カップ)→水
★剣(ソード)→風
★金貨(ペンタクル)→地

大アルカナに比べると、一部の例外のカードを除いて作用はそれほど強力ではなく、おもに日常的なことを表します。

コートカード

小アルカナうちの人物を表すカード。宮廷カードなどといわれることも。
ペイジ、ナイト、クィーン、キングの4種類があり
それが各4つの要素(ワンド・カップ・ソード・ペンタクル)に分けられていて、16枚あります。
これはデッキにより、名称が違う場合があります。
このカードは星座との関連もあります。
たとえばワンドのペイジ、ナイト、クィーン、キングは火の星座 (牡羊座、獅子座、射手座)と
関連付けられているます。(これも解釈に違いがある場合あり)

シグニフィケーター (シグニフィケーター・カード)

これはタロットのスプレッドをする時、あらかじめ占う相手の人の容貌やイメージ、年齢や職業に
あわせて、おもにコートカード(人物カード)の中から選ぶ、本人を「象徴するカード」です。
占い師さんによっては使っている人もいるようです。

自分自身は基本的にはこの方法を使っていません…。
なんだか78枚のうち1枚分、カードが「欠けるような」感じがするのと(笑)
もうひとつは、コートカードに当てはめられた人物像が、イマイチ日本人の容貌とマッチしない感じがするので…

これはタロットがもともと西洋系の占いだからしかたがないですが、
本によってはコートカードの表す人物像が「金髪、ブルーの目をした人」とか書かれていて…(汗)。
その部分はとばして当てはめればいいだけの話なんですが…。

これを使う場合、だいたいの年齢や職業、雰囲気、性質や性格から当てはめればOKだと思います。

次へ

前に戻る

HOME

占いの種類へ戻る