五行易のおもな用語

☆ 月建、日晨 (げっけん、にっしん) … 五行易では占うときに、その月、日の干支が必要になる。
五行易では月の干支のことを、月建(げっけん)といい、日の干支のことを日晨(にっしん)という。
場合によっては年の干支(太歳:たいさい)も使うことがある。

☆十二運

日晨の十二運…(例)木の爻(寅、卯)は亥の日が「長生」、未の日が「墓」、申の日が「絶」
金爻の寅日、「絶」、水爻の巳日の「絶」は見落としやすい。

動爻の十二運
…(例)木の爻(寅、卯)が亥を化出すると「長生」、未を化出すると「墓」
申を化出すると本来「絶」だがこの場合、回頭の剋になる


回頭の生…動爻が生になる支を化出すること。卯の爻が子を化出するなど

回頭の剋…動爻が剋になる支を化出すること。卯の爻が申を化出するなど
影響が非常に大きい。

日晨変壊(にっしんへんかい)…日晨と同じ支を持った爻が絶や回頭の剋の支を化出すること。
即日、凶意が起こる。
寅日で寅の爻が「申」を化出する、巳日で巳の爻が「亥」を化出するときなど。

反吟(はんぎん)…物事の反復、繰り返し。ただし剋を伴った冲する支を化出するのは凶。

伏吟(ふくぎん)…悶え苦しむ、進退が窮まる、身動きできないなど多少の凶意を含む。
ただ、吉凶はあくまで用神やその他の生剋で吉凶が決まる。

空亡(くうぼう)…無気力、不安定、ぼんやりしているなどの意。用神が空亡の時は他からの生、剋の作用を受けない。
空亡は空亡の時期が終わって、空亡の支と同じ支(値日:ちじつ)か、その支を冲する支の時に初めて作用する。


☆月破(げっぱ)…月建から冲されている爻。

有用の月破…日晨と同じか、生を受けている爻、動いて回頭の生、進神になっている爻などは月破の月をすぎると月破でなくなる。

無用の月破
…剋を伴った月破(冲になっていて剋にもなっている爻)日晨から剋を受けている月破、動いて回頭の剋、退神になる月破
はその月をすぎても回復しない無力の爻。

進神 (しんじん)…動爻が同性の次の十二支に当たる十二支を化出すること。(寅の爻が卯を化出、巳の爻が午を化出するなど)

退神 (たいじん)…動爻が同性の前の十二支に当たる支を化出すること。(卯の爻が寅を化出、午の爻が巳を化出するなど)
進神の逆の状態。

応期 (おうき)…実際に吉凶が起こる、月や日、場合によっては時間、年の場合もある。


難しい応期
五行易は地道に勉強すれば「吉凶」は比較的分かりやすいのですが、この「応期」はかなり難しい面があります。
応期は用神や用神に対して影響のある十二支、あるいはその卦の中で特徴のある部分に目をつけて、具体的な吉凶の起こる
時期を判断する方法ですが、これがなかなか五行易の「原則」どおりにいかない場合があり、ある意味、「原則」プラス「直感」の
ような部分があります。
たとえば、出した卦のなかで一爻だけが動いていて、それが午だった場合、原則としては「未」の日や時に吉凶が起こると
判断したりするのですが(動爻に対しては「合」の支、逆に静爻に対しては「冲」の支など) これが、実際には
値の日や時(午日や午刻)だったりしてなかなか難しい…。
応期を的確に判断できれば五行易の名人級でしょう。

戻る

HOME