占いについての「?」(ギモン)

1「なぜ、同じ種類の占いでも答えが違うのか?」

まず、占い師の「鑑定経験や読みの深さ、鋭さ」の違いもありますが、それとは別に
占いにはそれぞれ「流派、系統」のようなものがあり、さまざまにわかれています。それで同じ種類の占いでも
結果がまったく違ってきたりします。これはそれぞれの流派の「見解の違い、考え方の違い」から生じる事ですが
この部分が、占ってもらった人からすると混乱したり、判断がまちまちになってしって「???」となってしまう結果になりやすい部分です

たとえば「四柱推命」では「蔵干」という部分の出し方が何種類かあり、解釈の仕方がそれぞれの
「流派」で違ってきます。これにより「(同じ)四柱推命で見てもらったのに、結果が全然違う…」ということになることがあります。

タロットでも、ものすごくおおざっぱに言うと基本的には3種類(3系列?)くらいにわかれていて
「マルセイユ系」「ライダー・ウエイト系」「トート系」が主なものです。
これらのカードの解釈はカードによってかなり違ったものになるので、占い師がどのカードを使っているかでだいぶ解釈、意味が
変わります。また、その占い師独自の「解釈、見方」があるので、タロットの解釈は人によってさまざまです。

2「同じ内容の占いを2度することは?」

基本的に同じ内容の占い(たとえば、今後の恋愛のゆくえなど)を繰り返し何度も占うのは「NG」です。
特に、タロットや易などの「卜(ぼく)」の占術では一番最初に占って出た答えが一番正確だといわれて
います。
何度もやるとタロットでも易でも答えが乱れてきて(つじつまの合わないカードが出てきたり
易の卦が乱れたりする)、混乱したり、誤断したりしやすくなる場合があります。
ですから基本的には、一度占ったらしばらくあいだをおいて占うほうがよいでしょう。
(何らかの変化があったりした場合は占ってもいいですが、それ以外はせめて数日は
日をあけて占うのがほうがいいようです。

3「占いで、ギャンブル、宝くじを当てることは可能か?」

これは私の個人的な意見としては、基本的には「難しい」と思います。

自分の手元にそういったギャンブルと占いに関する資料がありますが、やはり
占いで予想、的中はムリだそうです。


以前、五行易を習っていた先生にこのことを聞いたことがありますが、「宝くじとかは五行易では当てるのは
ムリだよ。占いでは、クジが当たるかどうか?はでないよ」と言われたことがあります。

タロットを習っていた先生にも質問したことがありますが、やはり「良くてプラスマイナスゼロ、基本的に
ムリ」ということでした。


命の占術である「四柱推命」での「金運」は基本的に、「自分が働いて、汗水たらして得るお金」という感覚で、
「宝くじが当たることや誰々から遺産を受け継いだ〜」といった、自分が働かないで得ることのできる、
タナボタ的な金運はでないといわれます。「紫微斗数」の場合は多少、こういったタナボタ的金運は
出ると聞いたことはありますが、実際にはハッキリしません。


ちなみに私も一時、自分が知っている「あらゆる占術を駆使して(笑)」トライしたことがありましたが、
やっぱりダメでした(笑)
買う前に占うんですが、五行易、タロットでもことごとく「ダメ」の卦がでたり、カードが出たりで…。
それでもムリして、「イヤ、もしかしたら…」と思って買ってみても、やっぱりダメでした。(涙)

4「占いと霊的なもの」

占いと霊的なものなどとの関連ですが、私個人の考えとしては、占いの場に
こういった「霊的なものや宗教的なものなど」を持ち出すのは疑問があります。
占いを始めたころ、ほかの所でこういった霊的なことを言われた人の鑑定をしたこともあり、
自分でもこのことに関しては疑問に思ってました。
(時々、占いの結果が悪いとすぐに「ご祈祷を…」という占い師さんがいるようですが…。)

というのも、たとえば、何かを占って結果が「凶」とでたとします。
ですが、これを「神様にお願いしたらなんとかなる、ご祈祷したら凶が避けられる」とか言い出すと
初めから占う意味がなくなってきます。(ちょっと極端な言い方ですが…)

逆に占って「吉」とでても、「なにか霊的な影響があって悪くなる可能性があるとか、神様を怒らせて
しまったら災いがある」とか言い出すと、これまた占う意味が最初からありません。

それなら極端な言い方をすれば、最初から占わなくても、「神様にお願いすればすべてOK、ご祈祷すれば
大丈夫」という、どこか宗教的な?結果になってしまい、占いをする意味がありません。


これは私が最初に東洋系占術を学んだときに先生から教えられ、また、考えさせられたことですが、
「占い師のなかには時々、「占い師と宗教家と祈祷師」を兼ねたような人がいるが、本来、これらは相容れぬ
ものだ」と教わりました。
そう言われたときに初めはピンときませんでしたが、なるほど、上記のような状況を考えると納得がある程度いきました。


占いと霊的なもの、あるいは宗教的なものは、ある程度切り離して考えたほうがいいのではないか
と私個人は思います。

ですから、占いのときにやたらと「ご祈祷を…」とかいう占い師さんは考えたほうがよいかもしれません。

★ちなみに私個人はこういった霊的なものなどはある程度、あると思いますし、信じています(笑)。
ただ、安易に霊的なものなどを「占いの場」にもちだすと、ともすると「霊感商法的」なもの(仏像や値段の
バカ高い祈祷やハンコとか…)になりやすかったり、やたらに「悪いものが憑いている。祟りだ。」とか言って
人を脅かしてお金を取る人がいるので、「占いの場」ではこういったたぐいのものは
なるべく使いたくないのです。

また、矛盾するようですが、占いの中にはそういいった「霊的」なものを表すカードや星?のようなものは
結構あったりします。タロットの「月」のカードや五行易や六壬の「官鬼」や「とう蛇」などです。

また、そういった霊的なものを占うやり方も存在します。

5「自分の凶運を他の誰かが(身内などが)身代わりになってかぶることがあるか?」

時々、こういったことを聞くことがありますが、これは占術上はありえません。
占いの上での吉凶はあくまで本人のものであって(特に命の占術など)、だれかが自分の身代わりに
なって不幸を背負い込んだり、逆に自分が他人の不幸を肩代わりしたりといったことはありません。

6「運命って生年月日であらかじめ決まっているの?」

これは決まっていません。
生年月日、出生時間から分かるのはその人の「ある程度」の全体像であって、
それがすべてではありません。

その人の環境やほかの様々な要素がからんでかなり違ってきます。
生年月日や時間の他に、その人の名前や家相、仕事、結婚相手など
本人に関連したいろいろなことが、運勢に影響を与えています。

卜の占術のタロットや易でも現在が「凶」でも、未来もずっと凶であることはありえません。
現時点で凶でもそこからの行動や態度を変えることでそれを回避したり、ある程度
変化させることができます。

7「黙って座ればピタリと当たる」は可能か?

占う時になにも言わず、ただ「見てくれ」という人もいますが (ちょっと占い師の腕を試しているのかもしれませんネ…)
何の情報もなしに具体的な事柄などを言い当てることはかなり難しいと思います。
これは人相が出来る人で画相を見れる人や、六壬を応用して見る方法を使える人でないと難しいと思います。

あとは俗に言う「霊能者」とよばれる人とかで、本当にキチンと見れる人は出来るかもしれません。

しかし、基本的に自分も含めて「フツーの?占い師」の人はあらかじめある程度、本人や相手のデータや
どういったことを占いたいか?といったことがないと難しいと思います。
タロットとかは基本的には必要ありませんが、それでもやはり依頼者や占う対象の人の生年月日などがあったほうが
コートカードなどの人物カードが出てきた時に判断しやすいです。

たとえば女性が来て「夫のことを占ってほしい」とだけ言われても、夫の「仕事」のことなのか、あるいは「浮気」のこと
なのか「健康」のことなのか「金銭」のことなのか?はそれだけでは分かりません。
少ない情報で占って、あとで「実は…」と言われると、タロットの場合などはリーディングの解釈を変えなくてはいけない
こともあるので(それでも不思議とカードに出ていて「アレ?」と思うこともありますが…)、最低限の情報はなるべく
提供してほしいです。(笑)

占う内容によってはなかなか言いにくい部分もあると思いますが、占いを依頼する時は占い師さんに最低限の情報は
提供してあげてください。

HOME